ヴィンテージ時計・ZENITHのご紹介

《ZENITH》
1865年、スイス ル・ロックルにて創業。(当時の社名はManufacture de Montres)
ムーブメントまで含めて自社一貫生産をするマニュファクチュールで、
1969年に発表され今も改良を重ねながら採用され続けている
自動巻きクロノグラフムーブメント「El Primero」は名機として名高い。

現在の社名のZenithは1900年のパリ万博において金賞を受賞した
懐中時計用ムーブメントの名前をとったもので「天頂」を意味し、
世界最高の精度・品質を目指すというメーカーの精神を表している。

—————————————————————-

全体的に丸みを帯びたファンシーラグケースが特徴的な40sのゼニス。

どこか愛嬌のあるアラビア数字のインデックスと相まって柔らかな印象を受けますが、
細く伸びるブルースチールの針が全体のバランスを引き締めてくれています。

搭載されているのは美しい粒金仕上げが施された手巻きキャリバーCal.12-4-P。

ゼニスが創業したル・ロックルは別名「ウォッチ・バレー」とも呼ばれるジュウ渓谷にあり、
現在も多くの時計メーカーが拠点を置く時計産業の聖地として知られています。

この地では伝統的な手法としてアマルガム法
(水銀に金を溶かして対象に塗布し、水銀を蒸発させて鍍金を施す手法)
が用いられていた歴史があり、このムーブメントの仕上げもその手法によるものと思われます。

古い時計ならではのディテールがギュッと詰まった1本です。