MEGANEROCK VECTOR 006のご紹介

今回はMEGANEROCK VECTORシリーズの人気モデル、VECTOR 006のご紹介です。

セルロイドで製作されていた際は「TURTLE」という名前で製作されていました。
アセテート製に移行してからは、従来は製作されていなかったブロウタイプも加わり、デザインのバリエーションが増しています。

デザインはguepardのgp-01のようなparisien(パリジャン)が用いられています。ポップなデザインがたくさんあるMEGANEROCKの中では珍しい、ヴィンテージをデザインソースにしていると思われるモデルです。ただし、MEGANEROCKらしさがしっかり加わっており、ヴィンテージデザインのおさまりの良さに加え、それらをポップにモダナイズしている、無二の名品です。

特徴はなんといってもバランス感です。ベースとなるデザインが掛けやすいparisien、現代風に言えばウェリントンタイプであり、多くの人の顔になじみやすいというのがポイントです。
天地の高さにもゆとりを持たせており、スクエア型ほど堅くなりづらいので、オンオフ両方に使えます。
MEGANEROCKらしいポップさの源ともいえる柔らかな曲線が随所に用いられており、より柔和な雰囲気を持たせるので、穏やかな印象を与えたい方におすすめの一本です。

ナチュラルな掛け感だけではなく掛けている印象もしっかり与える事で、かける事が楽しくなる素晴らしい眼鏡です。
コロナが落ち着いたあと、是非掛けに来てみてください。