見える、以上のことを。

せっ-かく【折角】

  • わざわざすること。
  • 力を尽くすこと。骨を折ること。心を砕くこと。
  • めったにないこと。大切。特別。

(広辞苑より抜粋・引用)

見るという行為をたすけ、目を守ることだけが、眼鏡の役目じゃない。

眼鏡は、顔の一部になり、その人の印象を大きく左右する。
合わせる服や、毎日の気分、
ライフスタイルさえも、変えてしまうかもしれない。

だから、とことん力を尽くして、
その人にふさわしい眼鏡を、ともに考え、選び抜いていく。

眼鏡を選ぶ機会なんて、一生に何度あるだろうか?
そのとき、折角だからと、かけたくなる物を。
折角だからと、行きたくなる店を。

眼鏡が本来もつ価値を伝え、新しい楽しみを広げ、
その人の人生を、少しでもゆたかにすること。
全力をそそぐに値する、私たちの使命。