旧西ドイツの陶磁器 -Fat Lava-

Fat Lava(ファット ラヴァ)をご存知ですか?
日本語に訳すと「ふくよかな溶岩」といったところでしょうか。

1950年代〜1970年代にかけて、西ドイツで生産されていた焼き物です。
名前の通り、流れる溶岩のような釉薬の風合いや、独特のデザイン、鮮やかな色彩などが特徴で、ヨーロッパでは熱狂的なコレクターが沢山います。

今回、ドイツ人コレクターからFat Lavaのコレクションをセレクトしたものを販売いたします。
特徴的ながらも、生活の中に溶け込みやすいものを中心にセレクトしています。
日常生活の中に彩りを添えるためのお手伝いができればと思います。
お待ちしておりますので、ぜひお立ち寄りください。