MEGANEROCKのご紹介

折角堂での取り扱いブランド「MEGANEROCK」について紹介していきます。
MEGANEROCKというブランドはもちろん、職人のこだわりや人柄など、兼ねてからの親交がある折角堂だからわかる部分についても触れていきたいと思います。

MEGANEROCKは、雨田さんという男性の職人さんが、福井県の鯖江市でデザインから作成までを一人で行なっているブランドです。
元々、有名なセレクトショップで働いていた雨田さん。ある職人さんが作られた眼鏡を見て感激し、「自分もこんな眼鏡をつくってみたい!」と一念発起して眼鏡職人の世界へ飛び込まれたそうです。

当初のMEGANEROCKは、眼鏡の伝統的な素材であるセルロイド素材を使用し、テンプル部分に芯のない「ノー芯」という製法で眼鏡を作成していました。そんな中、2018年に〝MEGANEROCK VECTOR〟シリーズをスタートさせ、現在ではアセテート素材を使用した眼鏡を作成しています。アセテート素材ではテンプルの強度を高める為に芯金を入れるのですが、日本の眼鏡の聖地である鯖江でも失われつつある伝統的な〝芯貼り〟という技法を採用し、その芯金に矢印(VECTOR)のデザインを施す、デザイン的にも技法的にもオリジナリティを出しています。
この〝芯貼り〟は手間と費用がかかる技法です。量産には向いていません。これをわざわざ採用しているところに、雨田さんの眼鏡づくりに対するこだわりが垣間見えます。この技法のメリットや、それを活用する雨田さんのこだわりについては、今後説明していきたいと思います。

折角堂では、開店当初からMEGANEROCKを取り扱っています。在庫限りになりますが、現在では作成していないセルロイド素材の眼鏡の取り扱いもございます。また、〝MEGANEROCK VECTOR〟シリーズに関しましても、当店でのみ取り扱いのある別注品もございますので、お気軽にお問い合わせください。