その遠近両用、使いにくくないですか?

・パソコン用に作ったけれども、モニターにピントが合いづらい。
・手元の書類が見えない。
・近くを見るとき眼鏡を外してしまう。

こういった経験はありませんか?

最近、遠近両用レンズを希望される方が増えています。
既に遠近両用は経験済みの方に細かく使用シーンを伺うと、オフィスや家の中など室内中心で遠近両用眼鏡を使用しています。
遠近両用しか選択肢が無いと思っている方が大半で、不満を感じつつも使用しているといったように見受けられました。

実は近くや室内の掲示を見る場合は、遠近は適していません。
なぜなら、遠近は遠方視がメインであり、手元用の度数は補助的な機能になっているからです。
ですので、遠近は外回りの多い営業さんや屋外の活動をメインにされている、遠くを見る機会の多い方におすすめのレンズになっています。

では、室内やオフィス内といった、近くを見ることが多い場合はどうすればいいのか。
折角堂では遠近ではなく、「中近」をお勧めさせていただいています。
遠近との違いは、室内や手元をメインに使用される場合を想定して作成されているレンズのため、手元の視野が確保されており、歪みが少なくなるという特徴があります。
新型コロナウイルス感染症の影響により、昨今の企業にお勤めの方の間でもテレワークに移行する方が増えています。そう言った場合にも使用していただきやすいレンズです。
実際に、店頭で問診されると、中近にされる方の割合が増えています。

今までの働き方やライフスタイルでは遠くを見る機会が多く、遠近が重宝されていました。
現在ではパソコンやスマホの台頭、テレワークの推進と言った近くを見る機会の増加、と言ったライフスタイルや時代の変化に伴って、快適な眼鏡、違和感のないレンズも変わり始めています。

お使いの眼鏡をより良く、より快適に使用していただけるようなご提案やご相談をさせていただけます。
また、老眼鏡などの単焦点レンズも市販されている固定の度数のものよりも、個人個人の目の状態に合わせたレンズの方が負担なく見ていただけます。当店でご相談いただけますので、ご興味や疑問点のある方は遠慮なくお問い合わせくださいませ。