希少なブランド Vue dc(ヴュー ドゥーシー)を入荷しました

日本で数店しか取り扱いのない希少な眼鏡ブランド「Vue dc」(ヴュー ドゥーシー)が入荷しました。

Vue dcはフランスのブランド。あまり聞き覚えのないブランドかもしれませんが、アラン・ミクリと強い縁のあるブランドになります。
「見るための、見られるための眼鏡」をコンセプトに、眼鏡に初めてファッション性をもたらしたと言われるアランミクリ。その創業に携わった人物であり、眼鏡職人として製作に携わっていたクリスチャン氏とヨーマ氏に加え、アランミクリのニューヨーク支社長であるフレデリック氏によって立ち上げられたのがVue dcです。

彼らはバウハウスやアールデコ、ポップアートやロックなどの美しいオブジェクトやアートを尊重し、「トレンド」という型に嵌らないプロダクトを製作し続けています。実際にフレームを一見してわかるように、創造的で時代を超えるようなフレームばかりなのがお分かり頂けるかと思います。洗練されたクラシックテイストでありながらも、革新的なデザインの眼鏡がVue dcから世界へ発信され続けています。

素材は全てアセテートで製作されています。また、全てフランスで設計、特定の工場で製造されています。
一部のフレームの幾何学的なカッティングなど、日本や他国のメーカーでは製作できないものがあり、そのためフランスの特定の工場でのみ製作が可能となっています。

多くのフレームにボリュームがあり、現行の眼鏡ではあまり製作されていない厚みやエッジの立ち、メリハリのあるデザインです。どこまでも独自の世界観を追求するその姿勢に、全国に根強いファンがいるVue dc。
絶対的な強い個性と、インパクトのある眼鏡をお探しの方に是非お勧めしたい眼鏡です。

オンラインショップに掲載していますので、詳細な写真などはそちらからご確認ください。
(リンク)Vue dcオンラインショップ

希少な眼鏡ばかりになりますので、この機会に是非ご確認ください。