Tony same FAIR

折角堂の開店当初からメインで取り扱いしているトニーセイム。

12月3日(土)から12月25日(日)までの間、トニーセイムの2016AWの新作が一堂に並びます。

トニーセイムとは、日本の眼鏡のトップブランド”9,999(フォーナインズ)”を立ち上げたデザイナー三瓶哲男と、”alain mikli(アランミクリ)”のアジアをまとめていたKamen Chung(ケイマン・チョン)の2人を中心に、アジアのトップデザインチームで作る革新的な眼鏡ブランドです。

壊れにくく掛け心地が良いのは、眼鏡として当然の機能とし、それに加え個性の演出も重要と考え、カラーリングにもこだわっています。

最高の掛け心地と、ヨーロッパブランドのような鮮やかな色目が、高い次元で融合された、非の打ち所がない折角堂の一押しブランドです。